微笑む女性

鼻整形で美しい目鼻立ちをゲットする|最新美容ガイド

鼻の悩みを解消する

目を閉じる女性

印象に残りやすいパーツ

美容整形を受けたいと考えている人に対して具体的にどこを整形したいのかと尋ねてみた場合、非常に多くの人が鼻を挙げます。鼻は顔の中心にあって目につきやすく、記憶にも残りがちなパーツです。また、一般に日本人の鼻は低く、丸い形をしているのが特徴です。そのためより高く、よりスマートな形に改善して印象を良くしたいと考えている人はかなりの数に上ります。美容医療における鼻整形は、そのニーズや治療法によってさまざまな種類があります。治療を受けたい人は、自分が理想とする鼻のイメージを医師にきちんと伝え、最良の方法を選ぶことが重要です。また注意しておくべきなのが、治療効果の持続期間です。鼻整形には整形後の形を半永久的に保てるものとそうでないものがあります。当然ながら後者よりも前者の方が料金は高めになります。経済事情なども考慮した上で治療法を選択する必要があります。鼻整形に関して注意すべき点はもう1つあります。それはダウンタイムです。整形術の多くが外科手術を伴うものであるため、術後は整形した箇所が落ち着くまで一定の期間は安静にしていなくてはなりません。お見合いや就職面接などのイベントを控えている場合は、その分の日数を考慮しておく必要があります。

さまざまな整形術

鼻整形のうち最もリクエストが多いのが、鼻を高くしたいというものです。鼻の高さは、鼻を形成している軟骨の高さ(長さ)によって決まります。したがって鼻を高くするには、この軟骨の量を人工的に継ぎ足すという隆鼻術が必要となります。現在行われている隆鼻術では、プロテーゼと呼ばれるシリコン製の人口軟骨を使う方法と、本物の軟骨を使う方法との2種類があります。後者の場合はさらに耳たぶなど患者自身の身体の別の部位から採取した軟骨を使うケースと、動物の軟骨を使うケースがあります。いずれにせよ外科手術が必要となり、1〜2週間程度のダウンタイムがあります。一方、鼻の形を整える手術で多く行われているのが、左右のふくらみを解消するというものです。これは小鼻の広がりによって鼻が「あぐらをかいている」ように見えるのを改善したいという希望をかなえるための治療です。この場合も基本的には手術が必要となります。小鼻の内側の皮膚を切除して縫い合わせることにより、鼻の穴を整えて丸みをなくします。なお、最近では鼻下に特殊な糸を埋め込んで両小鼻を引き締め、形を整えるという治療法も普及しています。メスを使うことなく、抜糸の必要もない手軽な手術として人気を集めています。