微笑む女性

鼻整形で美しい目鼻立ちをゲットする|最新美容ガイド

笑顔に自信

女性

鼻の形や穴の大きさまで

細い鼻筋に小さくて品のある小鼻をもった女優やモデルは多いものです。人前に出る人たちの容姿は美しさの基準ともなりやすく、だんご鼻や大きな鼻の穴の方はどうしてもコンプレックスを感じやすいものです。どんな容姿でもチャームポイントとなりうるのです。しかし自分の容姿が気になるあまり、人と上手に話せなくなっていたり消極的になってしまっていたりするので、あまり良いことではありません。そんな方は鼻整形という選択肢も考えてみることをおすすめします。鼻整形では憧れの女優やモデルのような細い鼻筋を手に入れることも夢ではありませんし、だんご鼻や大きな鼻の穴も小さくする方法があるのです。鼻は軟骨でできているので状態によっては骨を削る手術が必要となることもあります。誰かの鼻の形とそっくり同じにするというよりは、自分の顔に合った最大限に美しいバランスに鼻整形するというように考えておくと良いでしょう。美容整形クリニックではまずはカウンセリングでどのような手術をするとどのような仕上がりになるかということをシミュレーションしてもらうことができます。仕上がりや費用に納得がいけば手術を受けることを決めましょう。納得がいかなければ他のクリニックにも相談して慎重に決めましょう。

必要なダウンタイム

美容整形は手術後に傷口がきちんと回復するようにダウンタイムが必要です。鼻整形の場合、手術内容によってダウンタイムの期間は変わってきます。ヒアルロン酸を注入するだけの方法の場合は傷もできないので当日のメイクや入浴について注意があるという程度のクリニックがほとんどです。軟骨を削ったりメスで切開したりする手術の場合は、かなり長めのダウンタイムが必要となります。長くて一週間ほどギプスを鼻につけて過ごすため、その期間は外出が難しくなるでしょう。もちろん経過によって長くなることもあるので、スケジュールには余裕を持って計画を立てましょう。ギプスが取れた後も内出血が生じることがあるので、カバー力の強いコンシーラーなどを準備しておくと安心です。できれば長期休暇を利用して余計なことを気にせずじっくりと傷が治るのを待ちたいものです。またアルコールや激しい運動などは傷の修復を長引かせる原因ともなりうるので控えるようしましょう。仕事や学校を休むとなるとどこかに遊びに行きたいという気持ちになりがちですが、せっかくなのでこのダウンタイムの機会を利用して読書や自宅での映画鑑賞などじっくりと時間をかける趣味を楽しんでみましょう。